ラジオ波を利用した高周波機器


セルトロンはラジオ波の300,000Hz~500,000Hzの周波数バンドを利用した高周波機器です。

2種類のハンドプローブと7種類のヘッドアタッチメントにより、様々な深組織部位への透過熱アプローチを効果的に行うことが可能です。

被験者の組織がコンデンサーの一部となり、高周波電流による振動で熱を発生させ、流 れる交流電流と誘電体の連続的変化の組み合わせにより、アプローチ部位に心地良い熱感を起こします。深部への高周波による透過熱アプローチは血流の改善を 促し、痛みを改善するだけでなくスキンケアや肥満改善にも大きく関与します。

 

 

スキンアケア 血流の改善や痛みの軽減 肥満改善

 


 

 

<RF(ラジオ波)って何?>

RF-Radio Frequency (ラジオ波)は電極間の最短距離を流れようとする特長があります。
電極間を放射線状に流れますが、放射線の幅は電極間の二分の一になるといわれています。RFを生体組織に流した場合にはRFの特長と生体組織の電気抵抗によってエネルギーの流れやすい部分が決まり、そこで発熱するのがRFを利用したアプローチ方法です。

 


ラジオ波の様子

<ラジオ波の種類>

RF(ラジオ波)を使った機器には大きく分けてモノポーラ方式とバイポーラ方式の2つがあります。

セルトロンモノポーラ方式は、プローブから高周波を体内に導入し、別の部位に設置した対極板をアースとして使い高周波を流すタイプです。
モノポーラ方式は、電極を大きくするかRFエネルギーを強くすることで深部に発熱させることができるのが特長です。

 


モノポーラ方式


商品詳細

 

製品についてのお問い合わせはこちら